各地の気になるお取寄せ▶

【60代の求職】中高年のパートの探し方と自己アピールの方法

働き方
スポンサーリンク

こんにちは完です。

あなたの中高年の方でしょうか、還暦を過ぎていますか

私は既に還暦を過ぎています。今まで経験したパート・アルバイト(パートとアルバイトの違いが分からないのでこう表現しています)は3年で3種類です

今は次のパート・アルバイトを探しているところです

あなたはパート・アルバイトを探しておられますか。どうやってパートを探されていますか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

募集されているパートを探す方法

おそらく世の中にはパート・アルバイトの探し方は沢山あるのだと思いますが、私が経験した探し方は下記4つです

  • 新聞に折り込まれる求人チラシ、自宅のポストに投函されている求人チラシ
  • パート・アルバイト中心の求人サイト
  • 働きたい会社のホームページにある求人ページ
  • 働きたい場所に貼られているパート・アルバイトの求人募集

以降にそれぞれの特徴や使った意図みたいなものをお伝えします

新聞に折り込まれる・自宅のポストに投函されている求人チラシ

新聞を取っているとよく折り込みチラシ求人情報のチラシが盛り込まれていますよね

我が家は新聞を取っていないのでこれに出会うことは無くなりました

このチラシのいいところは

近所の求人が多いということですね

新聞のチラシですからターゲットが絞られているのでしょう

近所での働き口を探したいときに便利です

シニアの求人:パート・アルバイト中心の求人サイト

一番よく使うのはやはり「パート・アルバイト中心の求人サイト」では無いでしょうか

私も一番使うのはこの方法ですね。主に使っているサイトです

indeed(インディード)

イーアイデム

バイトル グランジョブ

マイナビ ミドルシニア

いずれもシニアだとか中高年だとか60歳以上だとかで条件を絞って探します

履歴書の書き方についてもまとめてみました

駅やスーパーなどに無料で置かれている求人誌

チラシの集合版みたいなものでしょうね

私は使ったことはありません

シニアの求人: 働きたい会社のホームページにある求人ページ

働いてみたいなと気に掛けている会社のホームページにある求人のページも使います

どういうことかと言いますと、求人サイトに掲載されている募集案件ってよくその会社の求人ページにも記載されています

そのページには当然その会社の他の募集案件も記載されています

働きたい会社ですので色々な募集を見ることができると思います

私も時々使います

働きたい場所に貼られているパート・アルバイトの求人募集

街中のお店や会社の壁などに貼られている求人募集の紙も狙い目かもしれません

ショッピングセンターやお散歩中に見かけることがありますよね

この求人はそこの職場の雰囲気をある程度感じとれるかも知れません。自宅からも近場のケースが多いと思います

私も貼られている求人を見てその場で電話したこともあります

その時は女性の募集を想定していると暗に言われましたね

インターネットの求人サイトで応募したときのアピール

イオンターネットの求人サイトをよく利用される方はご存知と思いますが、求人サイトの中に応募者の学歴や職歴を登録する欄があります

この欄がある求人サイトを使われる場合は、応募先で是非働きたいアピール度を記入されるほうがよいと考えます

私はそういうものが有ることを知らずに応募したことがあるのですが、まったく連絡が来なかったことがあります。(手違いだったのかもしれませんが)

応募先の担当の方が見ている可能性もあるので意識しておきましょう

インターネットで応募するとメールで状況や問合せが連絡がくることもあります。迷惑フォルダの一覧も状況確認できるようにしておきましょう。私は半月も前に応募したサイトから迷惑フォルダにメールが溜まっていることを知ったことがあります

最近はスマホ経由でやり取りするケースが増えました

先日ですがインターネットの求人サイトで応募したら、すぐに携帯電話にメールが届きました

何かのメールソフトを使って面談の意図の確認や面談希望日などをLINEのようなイメージで入力させられました(そのときの私からすると何も分からずやりとりした記憶しかありません)

その後何も連絡が無かったのでそのメールでキャンセルしました

もしかしたら私が操作を間違えていたのかもしれません

そこで働きたいんだと強い思いがあるときは直接電話

自分のミスで相手に何も伝わらないのは残念でたまりません

少しでも不安があれば、電話で応募連絡しましょう

一番確実です

まとめ

いかがだったでしょうか

私自身がもう正社員で勤めるつもりが全くありません。そのためここではパート・アルバイトの探し方についてお伝えさせて頂きました

若い方も応募されるような募集案件では、間違っても私のような年齢の人間は採用されません

その他の働き方関する記事についてはこちらにまとめています