各地の気になるお取寄せ▶

60代パートアルバイト中高年に多い求人と時給の考え方

働き方
スポンサーリンク

こんにちは完です。

個人事業主でも、年金受給者でも、お金にゆとりがなくて、いくらでもいいから手早く収入を増やしたい場合、方法はパート・アルバイトで働くことです。私も、例外ではありません。働きたい職場が見つかれば、いつでも応募します。

60代でも、フルタイムでバリバリ働くという方は正社員を目指してはどうでしょうか。私はフルタイムは念頭に無いのでここでは、パートの職を探して働く場合を想定してお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

求人を検索してみる

自分はまだまだ誰にも迷惑掛けずに働けるぞと思って、応募しても、採用する側は、そうは思ってくれません。60代シニア・中高年で、近所で働ける求人を検索してみて下さい。まず自分が今までやってきた職種は、皆無かと思います。

いかがでしたか。いい仕事見つかりましたか。

まずは自分の年齢が60歳過ぎていることを自覚しましょう。実際に検索しても60歳代の求人数は多いですが、職種が限られていませんか。

  • 清掃員
  • マンション管理人
  • 警備員
  • 介護職員

こんなところではないでしょうか。私もやってみるなら早いほうがいいだろうと清掃員とマンション管理人を経験してみました。

おそらく時給は最低時給だと思います。

履歴書の書き方と経験してみたパートの職種について書いています。よろしければ読んでみて下さい

経験してみること・経験は活きる

定年まで会社勤めをしてきた方が、上記の仕事を進んで出来るかどうかわかりませんが、まずは経験してみましょう。だめなら辞めればいいです。そのくらいの気持ちで進めましょう。おそらく就職するときに、試用期間が三ヶ月くらい設定されているかと思います。こっちが続けたくても、先方から試用期間で終わりますと言われる可能性もあります。でもそれも経験になります。次に役立ちます。

過去の職種を活かせる職種は、なかなかありませんが、経験を活かせる職種は、いくらでもあると考え方を変えてはどうでしょう。どういうことかというと、営業マンであれば、様々な方達と、コミュニケーションを取られてきたと思います。どんな仕事も基本はコミュニケーションでできていると私は考えています。普段通り、人と会話がスムーズに出来る方は、未経験な職場もすぐになれると思います。やってみると案外自分に向いているかもしれないなと思う仕事に出会えるかもです。

時間を大切にする

私がパートを探す基準は、働く時間帯と時間それに場所です。

以前のパート例では、自転車で7分・早朝の時間帯に4時間勤務がそれにあたります。

いつも家を出てから帰ってくるまでの時間で時間給を計算しています。どういうことか。

  時給1000円、朝8時から昼12時までの4時間で、勤務先まで15分の仕事の場合、1日の時給は

  4000円÷4.5時間=888円になります。

  同じく、勤務先まで1時間かかる場合は

  4000円÷6時間=666円になります。

  さらにその勤務先が朝10時から昼休憩があって14時までの4時間の場合は

  4000円÷7時間=571円になります。

同じ1日4000円でも、トータルでの時給に換算すると随分差があります。

60代以降、一番大切なのは「時間」です。時間を有効に活用できる仕事先を見つけたいですね。

まとめ

60代シニアを募集している仕事は多いが、職種が限られています。

こんな仕事と思わず、経験してみましょう。

常に仕事に費やす時間をトータルの時間で時給換算してみましょう。

その他の働き方関する記事についてはこちらにまとめています