【神戸にシャチのショー】いよいよオープン
本サイトはPRが含まれています
おすすめ小説

【長岡弘樹の書籍】人気の代表作は『教場』に『傍聞き』!

長岡弘樹の小説「球形の囁き」の表紙を写した写真
スポンサーリンク

こんにちは

今日は『長岡弘樹』さんの小説をご紹介します

長岡弘樹さんは、2003年に「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞してデビューされています

テレビドラマで大ヒットした「教場」も長岡弘樹さんの作品です

木村拓哉さんがかっこよかったですよね

お伝えするのは下記内容です

お伝えする内容
  • 長岡弘樹のプロフィール
  • 長岡弘樹の小説をおすすめする方
  • 長岡弘樹のおすすめ小説
  • 長岡弘樹の映像化された作品
  • 長岡弘樹の作品一覧

それでは詳しくお伝えします

読書の楽しみ方
\今日の特集・セールをチェックする/


スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

長岡弘樹のプロフィール

出典 アマゾンより

長岡弘樹さんのプロフィールをご紹介します(以下敬称略)

  • 読み方:ながおか ひろき
  • 生まれ:1969年山形県生まれ
  • 学歴 :筑波大学第一学群社会学類卒業
  • デビュー年:2003年
  • デビュー作:「真夏の車輪」
  • 経歴 :2003年「真夏の車輪」で第25回小説推理新人賞を受賞
  • 受賞歴:「傍聞き」で日本推理作家協会賞短編部門受賞
  • 他の著書:「教場」「波形の声」など

長岡弘樹の作品はこんな方におすすめ

出典 アマゾン

大門剛明の作品はこんな小説を読みたいと思っている方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • ロングセラーのヒット作品
  • 警察学校が舞台の作品
  • このミステリーがすごいなどに選ばれた作品
  • 本屋大賞に選ばれた作品
  • 日本推理作家協会賞受賞作品
  • 映像化された作品
  • 警察が舞台の作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 母娘が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • シリーズ物の作品
  • 消防官が主要人物の作品
  • 短編集の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 医療を扱った作品

長岡弘樹のおすすめ小説

長岡弘樹のおすすめ小説をご紹介します

『陽だまりの偽り』

痴呆症の兆しがある老人が、嫁から預かった金を紛失した。だがそれがきっかけで、ある想いに気づく表題作。ひとつの転落死亡事故が、組織の人事に意外な展開をもたらす「プレーヤー」。事件によって浮かび上がる心の温もりや、組織にいる人間の欲望を描きだしたミステリー短編集。味わいの違う5編を収録!

アマゾンより

おすすめのポイント

長岡弘樹の単行本デビュー作品です

短編集の作品です

それぞれ異なる味わいがイイです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 短編集の作品

『傍聞き』

表題は「かたえぎき」と読みます

娘の不可解な行動に悩む女性刑事が、我が子の意図に心動かされる「傍聞き」。元受刑者の揺れる気持ちが切ない「迷い箱」。女性の自宅を鎮火中に、消防士のとった行為が意想外な「899」。患者の搬送を避ける救急隊員の事情が胸に迫る「迷走」。巧妙な伏線と人間ドラマを見事に融合させた4編。

アマゾンより

おすすめのポイント

この小説ホントに面白いです

伏線の回収がすごいです

そういう意味だったのかと驚かされます

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • ロングセラーのヒット作品
  • 日本推理作家協会賞受賞作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 母娘が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • シリーズ物の作品
  • 消防官が主要人物の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 短編集の作品

『波形の声』

谷村梢は小学校四年生を担任する補助教員だ。「カニは縦にも歩けます!」と理科の授業で実証し、注目されたのは、いじめられっ子・中尾文吾。梢にスーパーで、ある教師の万引きを目撃したと告げたまま下校。その日、文吾が襲われた。襲われる直前、梢の名前を呼ぶ声を近所の人が聞いていたという。梢に注がれる疑惑の目……。表題作ほか、日常の謎が“深い”ミステリーに! 魅力の七篇!

アマゾンより

おすすめのポイント

こちらの短編集もうならされます

「カニは縦にも歩けます!」って読んでみたくなりますよね

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 短編集の作品

『赤い刻印』

刑事である母に毎年届く、差出人不明の御守り。秘められた想いが、封印された過去を引き寄せる。果たして、真実を知った娘は――。40万部超の大ヒット文庫『傍聞き』の表題作(日本推理作家協会賞短編部門受賞作)で主人公を務めた、あの母娘が再び登場! 「巧緻な伏線」と「人生の哀歓」が、見事にクロスする瞬間を描いたミステリー短編集。

光文社より

おすすめのポイント

こちらも短編集です

テレビアニメのコナン君みたいに、主人公の周りの人が順番に事件に遭っていきます

刑事母娘のお話はホントに面白いです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 母娘が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • シリーズ物の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 短編集の作品

『白衣の嘘』

短編名手が放つ、珠玉のミステリ六編!

悲哀にみちた人間ドラマ。温かな余韻が残るラスト。
『傍聞き』『教場』を超える、傑作ミステリ集!

バレーボール全日本の女子大生・彩夏と、彼女を溺愛する医者の姉・多佳子。彩夏の運転で実家に向かう途中、ふたりはトンネル崩落事故に遭ってしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して姉がとった意外な行動とは……(「涙の成分比」)。

命を懸けた現場で交錯する人間の欲望を鮮やかに描く、珠玉の六編。

「いつか“命”をテーマに医療の世界をミステリとして書きたいと思っていました。自分にとって集大成と言える作品です」――長岡弘樹

アマゾンより

おすすめのポイント

もちろん短編集の作品です

あらすじに書かれているとおりです

是非読んでみて下さい

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品
  • 医療を扱った作品
  • 短編集の作品

『にらみ』

窃盗の常習犯・保原尚道が仮釈放中に保護司を殺害しようとして逮捕された。取り調べる片平成之は、以前、裁判で保原が供述を翻したりしないよう圧力をかけるべく“にらみ”をしていた。保原は自首しているのだが、片平は納得していない。保原は人を殺めようとするほどの悪人なのか――(表題作)。多様なサプライズが楽しめる、名手によるミステリー傑作集!

アマゾンより

おすすめのポイント

忘れられないタイトルです

もちろん短編集で、読みやすいです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • 短編集の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品

『119』

ベストセラー『教場』『傍聞き』の短篇の名手が贈る、心震える9つのミステリ短篇。

人を救うことはできるのか――
和佐見消防署消防官たちの9つの物語。

雨の翌日、消防司令の今垣は川べりを歩く女性と出会う(「石を拾う女」)。
新米の土屋と大杉は「無敗コンビ」だった(「白雲の敗北」)。
女性レスキュー隊員の志賀野が休暇中に火事を発見(「反省室」)。
西部分署副所長の吉国は殉職した息子のお別れ会で思い出を語るが……(「逆縁の午後」)ほか5篇

アマゾンより

おすすめのポイント

短編集ですが、今回の主人公は消防署の消防官たちです

表紙の絵もお気に入りです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • 消防官が主要人物の作品
  • 短編集の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品

『緋色の残響』

日本推理作家協会賞受賞作「傍聞き」の主人公、シングルマザー刑事の啓子と一人娘の菜月。
読者の圧倒的な支持を得て、短編集『傍聞き』は45万部超のベストセラーに。その母娘コンビが全編の主役を飾る、初の連作短編集。
『推理小説年鑑 ザ・ベストミステリーズ2019』に選出された傑作「緋色の残響」を含む5編を収録。母さながらの洞察力を発揮し、難解な事件に挑む娘の活躍にも注目!

アマゾンより

おすすめのポイント

今回も短編集ですが、全編シングルマザー刑事の啓子と一人娘の菜月の登場です

菜月の推理力はスゴイです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • このミステリーがすごいなどに選ばれた作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 母娘が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • シリーズ物の作品
  • 短編集の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品

『球形の囁き』

45万部超のヒット作となった『傍聞き』の表題作で、主人公を務めたシングルマザー刑事の啓子と、一人娘の菜月。
新聞記者になることが将来の夢だった小六の菜月が高校生、大学生となり、そして夢を叶えたなかで数々の事件に遭遇する。
母娘の際立つ推理力が導き出した、難事件の真相とは?
前作『緋色の残響』に続く、母娘シリーズ短編集の最新刊!

アマゾンより

おすすめのポイント

先ほどの小説『緋色の残響』に続く作品です

母娘の成長度合いがスゴイです

この作品はこんな方におすすめです

  • ミステリーの作品
  • このミステリーがすごいなどに選ばれた作品
  • 刑事が主人公の作品
  • 母娘が主人公の作品
  • 事の真相にどんでん返しを味わえる作品
  • 巧みなトリックを使った作品
  • シリーズ物の作品
  • 短編集の作品
  • 短編の推理を味わえる作品
  • 趣の異なる短編集の作品
  • 意表を突く結末の作品

長岡弘樹の映像化された作品

長岡弘樹の映像化された作品をお伝えします

それは先ほどもお伝えした「教場」です

今日は動画配信サービスの「アマゾンプライムビデオ」で視聴できる作品をお伝えします

動画配信サービスの状況は2024年3月時点の内容です。視聴される時は最新の情報を確認して下さい

教場

出典 アマゾン

教場はシーズン1、シーズン2、シーズン3と3つあります

シーズン1:教場

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 警察学校という密室・・・そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる― “教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。

シーズン2:教場Ⅱ

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。 警察学校という密室・・・そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる― “教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷徹無比な教官・風間公親(かざま・きみちか/木村拓哉)が務める初任科第200期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている

シーズン3:教場0

2023年4月クール月曜よる9時放送。 今作は、『教場』(2020年)、『教場II』(2021年)で風間が教官として警察学校に赴任する以前、新人刑事の教育に“刑事指導官”として当たっていた時代を描く。その頃の風間はまだ右目が失われておらず、両方の“眼”で誰よりも早く真実を見抜き、指導する新人刑事とともに事件に挑んでいた。

参考 アマゾンプライムビデオより

アマゾンプライムビデオで「教場」を見る

ビデオだけで無く「教場」の書籍・アニメコミック・DVD全部見てみるならこちらです

長岡弘樹の作品一覧

長岡弘樹の作品を一覧でご紹介します(参考 ウィキペディア

教場シリーズ

  • 教場(2013年6月)
  • 教場2(2016年2月)
  • 教場0 刑事指導官・風間公親(2017年9月)
  • 風間教場(2019年12月)
  • 教場X 刑事指導官・風間公親(2021年8月)
  • 新・教場(2023年3月)

その他

  • 陽だまりの偽り(2005年7月)
  • 傍聞き(2008年10月)
  • 線の波紋(2010年9月)
  • 波形の声(2014年2月)
  • 群青のタンデム(2014年9月)
  • 赤い刻印(2016年5月)
  • 白衣の嘘(2016年9月)
  • 時が見下ろす町(2016年12月)
  • 血縁 (2017年3月)
  • にらみ(2018年3月)
  • 道具箱はささやく(2018年6月)
  • 救済 SAVE(2018年11月)【改題】夏の終わりの時間割(2021年7月)
  • 119(2019年6月)
  • 緋色の残響(2020年3月)
  • つながりません スクリプター事件File(2020年6月)
  • 幕間のモノローグ(2021年2月)
  • 巨鳥の影(2021年7月)
  • 殺人者の白い檻(2022年7月)
  • 切願 自選ミステリー短編集(2023年3月)
  • 球形の囁き(2023年8月 双葉社)
スポンサーリンク

まとめ

今日は長岡弘樹さんの小説をご紹介しました

ご紹介したのは

ご紹介した内容
  • 長岡弘樹のプロフィール
  • 長岡弘樹の小説をおすすめする方
  • 長岡弘樹のおすすめ小説
  • 長岡弘樹の映像化された作品
  • 長岡弘樹の作品一覧

是非読んでみて下さい

読書の楽しみ方

ここまで読んで頂きありがとうございます

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
\今日の特集・セールをチェックする/


<こちらもオススメ>
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぐるすぐり
スポンサーリンク
Yogibo(ヨギボー)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドライブを快適に!(JAF)
スポンサーリンク
メルカード
スポンサーリンク