各地の気になるお取寄せ▶

【星の王子さま】意外と異なる翻訳本4冊読み比べ大阪弁も有

おすすめ小説
スポンサーリンク

還暦過ぎて【星の王子さま】を初めて読んでみました

星の王子さまを初めて読んだ素直な感想をお伝えしたいと思います

星の王子さまを読んでお伝えしたいこと

・読んだ本

・読んだ感想

・読んで考えたこと

・読み比べた四冊

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初に読んだ書籍はこれ

星の王子さまという書籍は実に沢山の翻訳本がありました

10冊以上は違う翻訳者の本があるように思えます

今回読んだ本はこれです

・愛蔵版 星の王子さま

・岩波書店

・1962年 第一刷

・内藤 濯訳

・本文ページ数 131ページ

本の内容です

星の王子さま

サハラ砂漠に不時着した孤独な飛行士と、「ほんとうのこと」しか知りたがらない純粋な星の王子さまとのふれあいを描く永遠の名作

「おとなは誰も始めは子供だった。しかしそのことを忘れずにいる大人は、いくらもいない」1953年依頼日本中を魅了してきた内藤濯氏による歴史的名訳で

岩波書店公式サイトより

読んでみて正直な感想

星の王子さまに描いていたイメージは、子供向けの童謡かなくらいしかありませんでした

読み終わってみて正直な感想は、「読みづらい(理解しにくいと言った方がいいかな)」です

全てとは言わないですが、いたるところに理解しにくい記述が結構でてきます

内容については、最初にイメージしていたのと同じでした

「永遠の名作」と言われる所以がうまく見つけられませんでした

もっと子どもの頃に読んでおけば良かったかなと思っています

読んでビックリしたこと

『星の王子さま』については何も前知識はありませんでした

本の表紙にあるか「絵」も日本人の誰かが童話向けに書かれているのだと思っていました

実はこの「絵」も作者が書かれた物だったと初めて知りました

これにはビックリです。新しい知識を得ることができました。読んでみるものですね

しかも彼が立っている場所は「星」だったのには二度ビックリです

読む上でどうやら時代背景が大切

この本には本文以外に3つ文面があります

  • 献辞
  • 訳者のことば
  • 著者の経歴

それらを読んでみると、この本が書かれた時代背景を知ることが本を読む前の知識として知っておくことが大切なのでは無いかと考えました

星の王子さまの時代背景

・第二次世界大戦中であること

・著者は既にアメリカに住んでいること

・献辞の相手はフランスに住んでいること。さらにユダヤ人であること

・著者はリビア砂漠に不時着したことがあること。何度も大けがをしていること

読む前に知っていると多少感想も違ったかもしれません

日本語タイトルは『最高』

でもこの本を読んで一つだけ気に入ったことがあります

それは日本語の本のタイトルです

内藤濯さんが付けられたタイトル【星の王子さま】です

このタイトルは最高だと思います

原作はフランス語のようです

フランス語の原題は「Le Petit Prince」英語の題は「The Little Prince」です

なぜ翻訳本が沢山出版されているのか

よくよく調べてみると「星の王子さま」という翻訳本が結構出版されていることに気づきました

最初に書きましたがやはり10冊以上はありそうです

多くの翻訳本が出版されている理由は、2005年に日本での著作権が消滅することに伴って、新訳の本が出版されたようです

他の翻訳本も読んでみました

せっかく今回初めて星の王子さまを読んだのも何かの縁かなと思い、他の翻訳本も3冊読んでみました

『星の王子さま』をまだ読まれたことの無い大人の方はこれらを参考にして頂ければと思います

春愁社 河原泰則訳 小さな星の王子さま

一冊目は河原泰則さん訳です

この書籍はタイトルは他と異なり『小さな星の王子さま』がタイトルです

河原泰則さん

・1948年生まれ

・コントラバス奏者

・本文ページ  163ページ

・私が感じたこの本の特徴  難しい漢字が使われているようです。注釈もあります

皓星社 ドリアン助川訳 星の王子さま

二冊目はドリアン助川さん訳です

ドリアン助川さん

・1962年生まれ 

・放送作家を経て詩や小説を執筆。映画原作となった『あん』の作者

・49歳からフランス語を学ぶ

・本文ページ  151ページ

・私が感じたこの本の特徴  会話に日本語の方言がいくつかでてきます

新潮社 河野真理子訳 星の王子さま

三冊目は河野真理子さん訳です

河野真理子さん

・1959年生まれ 

・上智大学外国語学部フランス語学科卒業

・本文ページ  145ページ

・私が感じたこの本の特徴   特に特徴は感じませんでした

四冊の違いをまとめてみました

どうすれば四冊の違いをお伝えできるかなと悩みましたが、素直に本文から4カ所のさわり部分をお伝えしたいと思います

お伝えする4カ所は下記です

  • 献辞の最後の部分
  • サハラ砂漠に不時着したときに残っていた飲み水の量
  • 王子が最後に砂漠に倒れ時の表現
  • 作者が最後に手紙に書いて欲しいと伝えた内容

献辞の最後の部分

内藤 濯さん  :子どもだったころのレオン・ウェルトに

河原泰則さん  :子どもだったころのレオン・ウェルトにささげる

ドリアン助川さん:小さな子どもだったころのレオン・ウェルトへ

河野真理子さん :小さな男の子だったころのレオン・ウェルトに

サハラ砂漠に不時着したときに残っていた飲み水の量

内藤 濯さん  :一週間

河原泰則さん  :八日分

ドリアン助川さん:一週間分

河野真理子さん :一週間分

王子が最後に砂漠に倒れ時の表現

内藤 濯さん  :一本の木が倒れでもするように、しずかに倒れました。音ひとつ、しませんでしませんでした。あたりが、砂だったものですから。

河原泰則さん  :あたかも伐り倒される一本の樹木のようにゆっくりと、そしてしずかに、砂の上へと落ちて行きました。

ドリアン助川さん:木がたおれるようにゆっくりとくずれ落ちたのです。砂漠は、王子さまがたおれる音さえも飲みこんでしまいました。

河野真理子さん :木が倒れるように、くずれおちた。それでも物音ひとつしなかった。砂漠の砂のせいで。

作者が最後に手紙に書いて欲しいと伝えた内容

内藤 濯さん  :王子さまがもどってきた、と、

河原泰則さん  :王子さまが、もどってきたよ!ってね

ドリアン助川さん:王子さまが戻ってきたよと

河野真理子さん :彼が帰ってきた、と

違いが伝わったでしょうか

なんとなく違いが伝わったでしょうか

同じフランス語を読んでもこれだけ違いがあるのが不思議ですね

翻訳本ですから、どれも間違っていないんでしょうね

これから読まれる方の好みの参考になればいいなと思います

ご自分でお気に入りの『星の王子さま』を見つけて下さい

お伝えした通り『星の王子さま』の書籍は沢山あります

ご自分でお気に入りになりそうな書籍を見つけてみてはどうでしょうか

お気に入り『星の王子さま』を見つけてみる

まとめ

いかがだったでしょうか

今日は永遠の名作『星の王子さま』の小説について四冊お伝えしました

これだけ翻訳本があるくらいですから世界中で読まれているのでしょうね

私も最初は「読みづらい」と書きましたが、さすがに4冊読んでみると、元々のフランス語の表現からきている部分があるのかも知れないのではと思ったりもしました

フランス語はまったく分かりませんから思い違いかもしれませんが・・

その他のおすすめ小説についてはこちらにまとめています