各地の気になるお取寄せ▶

斜線堂有紀おすすめハマる小説【楽園とは探偵の不在なり】

おすすめ小説
スポンサーリンク

こんにちは

久しぶりに引き込まれた小説をご紹介します

作家は斜線堂有紀さん。小説のタイトルは「楽園とは探偵の不在なり」です

主人公は探偵です

ある日突然、天使が世界中に現れます。人を二人以上殺めると、天使によって即座に地獄に引きずり込まれる世界でのお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

斜線堂有紀さんはどんな方でしょうか

ところで斜線堂有紀さんとはどのような方なのでしょうか

斜線堂有紀(シャセンドウユウキ)

上智大学卒。2016年、『キネマ探偵カレイドミステリー』で第23回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞してデビュー。他の著書に『私が大好きな小説家を殺すまで』『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』『詐欺師は天使の顔をして』『恋に至る病』など多数。他に、漫画原作やボイスドラマ脚本も担当するなど幅広く活躍している。

出典 Amazonより

私から見てもお若い方です

小説【楽園とは探偵の不在なり】のご紹介

なぜ今回『楽園とは探偵の不在なり』を手に取ったかと言いますと、ズバリそのタイトルです

意味の分らないタイトルだなと思って、逆に誘われてしまいました

作者も内容も全く知りませんでした

『楽園とは探偵の不在なり』の内容です

『楽園とは探偵の不在なり』

二人以上殺した者は”天使”によって即座に地獄に引き摺り込まれるようになった世界。

細々と探偵業を営む青岸焦(あおぎしこがれ)は「天国が存在するか知りたくないか」という大富豪・常木王凱(つねきおうがい)に誘われ、天使が集まる常世島(とこよじま)を訪れる。

そこで青岸を待っていたのは、起きるはずのない連続殺人事件だった。

かつて無慈悲な喪失を経験した青岸は、過去にとらわれつつ調査を始めるが、そんな彼を嘲笑うかのように事件は続く。

犯人はなぜ、そしてどのように地獄に堕ちずに殺人を続けているのか。

最注目の新鋭による、孤島×館の本格ミステリ。

出典 Amazonより

小説【楽園とは探偵の不在なり】を読んだ感想

私は本を読むのが大好きです

日々新たな作家の小説が登場してきます

今回みたいに取り込まれる小説に出会えると楽しくなりますね

主人公は過去に辛い記憶があります

その過去の思い出と現在が重なったりするのですが、慣れてくるとその展開も面白いです

小説に登場する天使ですが、本の表紙にも書かれています

こうもりみたいですよね。デスノートをイメージしてしまいました

この小説が映画やドラマになれば面白いのになあと思ってます

そうそう天使にも好物があります

・世界観    ★★★★★

・天使の描写  ★★★★★

・やられた感  ★★★★★

ゴールデンタイムの消費期限

さっそく次の作品を読ませて頂きました

タイトルは「ゴールデンタイムの消費期限」です

小学生でデビューし、天才の名をほしいままにしていた小説家・綴喜文彰(つづき・ふみあき)は、ある事件をきっかけに新作を発表出来なくなっていた。
孤独と焦りに押し潰されそうになりながら迎えた高校三年生の春、綴喜は『レミントン・プロジェクト』に招待される。それは若き天才を集め交流を図る十一日間のプロジェクトだった。「また傑作を書けるようになる」という言葉に参加を決める綴喜。
そして向かった山中の施設には料理人、ヴァイオリニスト、映画監督、日本画家、棋士の、若き五人の天才たちがいた。やがて、参加者たちにプロジェクトの真の目的が明かされる。
招かれた全員が世間から見放された元・天才たちであること。このプロジェクトが人工知能「レミントン」とのセッションを通じた自分たちの「リサイクル計画」であることを──。

出典 Amazonより 

気になりますよね

結果は、前作と打って変わって、若い人の未来を見つめたお話です

レミントンの設定はユニークで、このお話もイイです

引き続き斜線堂有紀さんの小説を読み続けてみたい

せっかくですので私が引き続き読んでみたい斜線堂有紀さんの小説をご紹介しておきます

キネマ探偵カレイドミステリー

最初は「キネマ探偵カレイドミステリー」です

第23回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》受賞作!

留年の危機に瀕するダメ学生・奈緒崎はひょんなことから、秀才でひきこもりの映画オタク・嗄井戸と出会う。
彼は部屋から一歩も出ることなく、 その圧倒的な映画知識で次々と不可解な事件を解決してみせ――。

出典 Amazon

これは斜線堂有紀さんのデビュー作ですね

早く読んでみたいです

まとめ

いかがだったでしょうか

今日は斜線堂有紀さんの『楽園とは探偵の不在なり』をご紹介しました

私は斜線堂有紀さんの本は二冊しか読んでおりませんが、だまされたと持って読んでみて下さい

なかなかの面白さです

その他のおすすめ小説はこちらです