▶『ルパン三世VSキャッツ・アイ』配信開始!

【スマアワイチ】淡路島一周サイクルコースに須磨から自転車

神戸お出かけ

「アワイチ」ってご存知でしょうか。近年、ある人々に高い人気なんです

では淡路島はご存知でしょうか。瀬戸内海で一番大きな島ですね。県で言うと兵庫県です

「アワイチ」とは、淡路島の外周を右回りに一周する約150kmのサイクリングコースの名前です

さすが淡路島、大きいですね。一周すると150kmにもなるんですね

淡路島と本州を繋いでいる明石海峡大橋は高速道路ですから、自転車では渡れません

本州側から普通の自転車(ママチャリなど)で淡路島に渡りたいときは、明石から出ているジェノバラインを使うことになります

島には近いのですが、関西方面からだと少々遠いです

そんな中、神戸須磨から淡路島へ自転車と渡れる計画が立ち上がっています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマアワ淡路島へ自転車で海上航路

先日地元神戸の新聞にこんな見出しが載っていました

須磨から淡路島へ、海上航路が10月に実現 「アワイチ」など自転車需要に照準 神戸市

こちらがその記事です

記事の要約

記事の要約

定員:100名

自転車:30台

航路:須磨ヨットハーバー⇔あわじ交流の翼港

便数:1日一便

所要時間:1時間

料金:大人片道1000円 自転車300円

今回はあくまで実証実験らしく、需要が見込めるようであれば、定期航路の開設も検討される模様です

もちろん自転車が無くても人だけ乗船できます

現地淡路島に着いてからレンタサイクルを予約することができるようです

実験の募集案内はこちらです

須磨と淡路島の観光情報も載っています

ジェノバライン

ジェノバラインは明石市と淡路島の岩屋を結ぶ海上航路です

ここは自転車だけでなく125CC未満のバイクも載せることができます

125CC未満のバイクでは明石海峡大橋を渡れないからだと思います

小型バイクで訪れたい人には便利ですね

ジェノバラインの概要

所要時間:13分

料金:大人片道550円 自転車260円

ちなみに小型自動二輪は500円です

バイクが載せられる船は限られています

アワイチ

それでは「アワイチ」についてお伝えいたします

「アワイチ」(淡路島一周サイクリングロード)の概要

  • 延  長  150km
  • 最大標高差 156m
  • 獲得標高  1200m
  • 最急勾配  10%
  • 進行方向  右回り(海側車線を走行)
  • 所要時間  約10時間

詳細は兵庫県の取組で確認してみて下さい

地図もPDFで確認できるようになっています

一周150kmで10時間なんてムリムリと思ったあなたは私と一緒です

いきなり10時間も自転車で走れないですよね

実はちゃんと色々なモデルコースが用意されているのを確認しました

もちろん初心者コースもしっかりありますよ

サイクリング満喫のモデルコース

  • 初級 南海岸周遊コース 38.0km 
  • 初級 イザナギコース  55.8km
  • 上級 淡路島一周(アワイチ)コース 150.4km

観光満喫のモデルコース

  • 中級   国生みコース   71.8km
  • 初~上級 スポット周遊/七福神めぐりコース 182.6km
  • 初~上級 スポット周遊/山コース 209.9km

四国から出かける方は南海岸周遊コースで、明石から出かける方はイザナギコースですかね

淡路島観光協会の淡路島サイクルツーリズムにモデルコースが紹介されています

コースと観光スポットの詳細も確認できます

レンタサイクルも充実していそうです

スマアワ乗船報告

スマアワの実験に乗船してきました

スマアワに使われた船は「bohboh」(ボーボー)です

神戸港の遊覧船として運行されている船です

格好いいですよね

出発は須磨ヨットハーバーの隣です

釣り人がいました

ボーボー横顔です

船内の2階です

船内1階です

自転車をしっかり留められるように設備があります

淡路島に到着しました

淡路島は、淡路交流の翼港に到着します

夢舞台から橋を渡って船着き場があります

向こうに写っているのがボーボーです

行きも帰りも1時間の船旅です

天気がいい日は気持ちがイイと思います

なぜって、行きは曇りでした

帰りは、嵐でした(ちょっと大げさですが)

船は全く問題無いですと放送されていました

安心して下さい

スポンサーリンク

まとめとオススメ記事

今日は、「アワイチ」と関連する実証実験をご紹介いたしました

実証実験は神戸須磨ヨットハーバー⇔あわじ交流の翼港の海上航路です

自転車も一緒に乗船できます

あなたも実証実験に参加されてみてはいかがでしょうか

須磨界隈を中心に神戸の観光スポットと新しいお店を解説しています。是非こちらも読んでみて下さい

【神戸】須磨界隈の名所観光スポットと人気のお店をご紹介